日プ最終回直前!日プのココが好きだった&ココが残念だった

やー、日プ記事、ずっと書こう書こうと思ってるうちに、最終回当日の朝になってしまいましたよ。でもこれ最終回を見てから書くとまた違うことを書きたくなると思うので今朝やります!4時に起きた!

ちなみに前回の記事はこちら。一言で言えば、日プを動かす巨大な力に(いろんな意味で)震えるって話です。

nanjamon2.hatenadiary.jp

振り返って考える。日プの何がよかったか?

これまでちゃんとシーズン通して見たのがPD48だけなので、あまりエラそうなことを言えないんですが、それでもまとめておきます。

本家PRODUCE101シリーズのフォーマットを出来る限り踏襲した

まずここが良かったなーと思うんですよ。本家シリーズのフォーマットを、ともかく忠実に踏襲していった。席決め、クラス分け審査、テーマ曲パフォーマンス、グループ決め…。ポジション評価とグループ評価が逆になるというアレンジはありましたが、基本的に本家シリーズと流れは一緒だった。

ここで、本家シリーズを見てきたK-POPファンを掴んできた。次に何が来るか分かっていて、これまでのシーズンとの比較や考察が出来る。CJ ENMとの共同制作だったということもあって、これまでのシーズンに対するリスペクトを感じました。

練習生に対する愛情が、予期せぬドラマを生んだ 1 死票問題

これ、うまく文章で表現できない感もあるんですが、なんというか、作り手の側が練習生たちを可愛がっているというか、愛情を持って接しているなあって感じがしてました。未公開画像でリアクション入れてるカメラマンさんとか、練習生との距離が近いんですよね。そして、そこが自分としては、印象がよかったと感じました。

なんていうか、画面の端々から、「お前らがんばってやってるなぁ」「まったくしょうがねえな~」「辛くても負けるなよ!」という言葉が聴こえてくるような感じがあったんですよ。

そしてその愛情が、いくつかの予期せぬドラマを生んだんじゃないか?と思っています。11pick時のいわゆる「死票」「捨て票」行動で、90位近辺の練習生が大幅にランクアップして、カットラインである60位前後の練習生が脱落する、という展開がありました。これはSNS等でも大きな問題になっていました。

しかしここから、「死票」「捨て票」行動で急上昇して生き延びた練習生たちが、しっかりクローズアップされるようになっていきます。死票でなくてもあがったかもしれないですが、ともかく急上昇して最終回まで生き延びた床波くん、川尻くん(もうほとんど運営側だと思う)にフックアップされた浦野秀太くんや、そして第一回順位発表以降、その温かな人間性が注目されるようになった安慶田くんなどなど。

練習生全員に対する愛情とまなざしがあったからこそ、これまで注目されていなかった練習生にも、すぐにフォーカスが当てられた。もちろん、脱落した練習生やそのファンの皆さんにとっては本当に辛かったと思いますが、結果的には、より多くの練習生にスポットライトが当たる展開になったと思うんです。これがさらに面白い展開になると考えていることについては、最後にまた書きます。

練習生に対する愛情が、予期せぬドラマを生んだ 2 HALO離脱問題

で、もう一つ、結果的に3人全員が辞退してしまったのが元HALOメンバー。3人がパフォーマンスのクオリティ的にも注目度的にも番組を引っ張ってきた存在であることは間違いないと思います。その3人がいなくなるというのは、制作側としても本当に痛手だったと思うんです。順位発表日にヨンフンくんとユンドンくんの離脱が発表された時には、個人的には「これはもう日プかなり厳しいのでは…」という印象すら持ちました。

ですが、その後の差配が良かったと思います。21位佐藤來良くんと22位宮島優心くんを繰り上げて、その2人が18人に合流するところを映像に残した。「12日でデビューステージを踏んでもらいます」という発言から考えると、最終グループ分けの収録が11月30日あたり、その3日後にHALO組2人が辞退を申し出たということで、大体12月2日か3日、そこから佐藤・宮島を呼び寄せて18人に合流させて映像を撮って編集して、5日に元HALO2人の離脱を発表、夜9時に配信と考えると、もう、このスピード感めちゃくちゃですよ。

多分、デビュー評価練習の様子は素材もたくさん撮って、構成や、それこそ編集すらある程度終わっていたかもしれない。それを打ち捨てて2人の合流を配信した。そこで、來良くんが脱落した時にめちゃ泣いてた港人くんと河野くんのシーンをはさんで笑わせたり、宮島くんにめちゃめちゃ飛びつく金城くんの名シーンが生まれたりした。ただスケジュール的なこと、制作的なことだけ考えたら、この動きはなかったんじゃないかと思います。個人的には、この展開にも制作側・運営側の練習生に対する愛情を感じました。

日本のバラエティー番組感覚をPRODUCE101シリーズに融合させた

そして、バラエティー番組的編集のこなれ感や、視聴者から意見を吸い上げて実現するスピードについては、非常に優れたものがあるとも感じています。音楽メインのケーブルテレビ局が制作していた本家PDシリーズと比較すると、日プはスタッフが放送作家や脚本家が多いという点が特徴的なのかもしれません。そもそも、中心になってるIVSテレビが、本当に日本のバラエティの王道を行く制作会社なんですよね。

ja.wikipedia.org

1972年、当時読売テレビのプロデューサー・ディレクターだった斉藤寿孝(現・取締役名誉会長)が独立し、11月30日大阪市に「IVSテレビ制作」を設立。

1975年に東京支社(現・東京本社)を設立後は同年にスタートした「びっくり日本新記録」(読売テレビ)をはじめとして数々の人気テレビ番組を制作している。過去の歴史的な経緯から、日本テレビ系、及び在阪各放送局が制作した番組を中心に数多く携わっている。

1973年、後にIVSを支えるディレクターとなる「テリー伊藤」こと伊藤輝夫が入社。わずか2年余りでディレクターに昇格し、その後「ねるとん紅鯨団」「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」などのヒット作を手掛ける。

本家PRODUCE101シリーズでは徒競走だけで済まされていたグループの楽曲決めが、運動会チックな障害物リレーになってて、あそこめちゃめちゃ良かったですよね。知恵の輪を解く練習生たちの様子は、これまでに見たことのないものだったり(焦りまくるタキツバとか)。風船割で何度も流されるツカメ・ピアノヴァージョン。これまで泣きのシーンにしか使われなかったピアノverを、こんな天丼で笑いに昇華したの前代未聞でしょ?


PRODUCE 101 JAPAN|一番最初に風船を割るのは誰?|#6

そして、12月7日にアップされたオーディション最終面接に対する現在の練習生たちのリアクションと、20人でのたこパトーク。これ25分とかあって、ほぼ一つの番組ですよ。それが撮って出しというレベルじゃなくて、(一応まだ)素人である彼らがちゃんと面白いことを話している感じで編集してある。いや、どんだけの労力をぶっこんでるんですか?本配信じゃないんですよこれ。


PRODUCE 101 JAPAN|オーディションの最終面接からたこ焼きパーティー、20人だけのボーイズトークまで!|#11 番外編

日プは日本におけるエンターテイメントの壮大な実験ではないか

日プ運営・制作の特筆すべき点として、SNSYOUTUBEなどでのコメントに対して、かなり意識的に意見を取り入れているというところもありますよね。個人推しカメラのも、グループバトル以降は本配信より前に全員分をアップしてる。これは本家でもやっていない試みですよね。締め切りが一週間前倒しになるわけだから、どう考えても大変なのに、それでもネットの声に応えている。

字幕に発言者の名前を入れるようになったのだって、面倒と言えばとんでもなく面倒ですよ。顔が見えていない発言者についても、声などから判断しなければならない。とんでもないスピードで映像素材を料理(編集)しつつ提供している現場からすると、新しい仕事が増えるたびに本当に大変な思いをしているのではないか、と思いますが、それを提供してくれている。本当にすごい。

日プを見ていると、あらゆるエンターテイメントが、インターネットと不可分になった時代に、TV番組にどんなことが出来るかを、ずっと真摯に模索し続けている感がある。運営・制作側にとって、これは本当に大きなチャレンジだったのではないでしょうか。

そしてこのチャレンジは、GYAO!でのネット配信という形式じゃなかったら無理だったのかも?とも思います。いや、毎回ホントに地獄のような制作だと思うんですよ。何十時間とある映像素材を、練習生の誰にどれだけ時間を割くか調整しつつ、新しい要望に応えつつ、思わぬアクシデントに対応しつつ…。韓国は、番組の長さが可変的ですが、日本は大体決まっています。毎回決まった時間にまとめるのは、シンプルに無理ですよね。

最終回は、言葉通りの国民投票に?

そして、最終回の投票方式ですが、dボタンを使った投票になる可能性が結構あるのでは?と思っています。それが一番投票するハードル低いですもんね。自分の知っているだけでも、紅白歌合戦なり、めちゃイケの三ちゃん再オーディションなりで、天才てれびくんなり、TVではこれまでに何度か採用されてきた方法でもあります。だからこそ最終回は、地上波での放送になるのではないでしょうか。

そして、これは完全に事前決定ではないガチ勝負になる可能性が高いわけです。いや、ホントどうすんのって感じですよね。本家の大騒動というか大疑獄を経て、ともかく日プ運営は公明正大であることが生命線になっているわけです。何万、何十万、下手したら百万単位という目の物凄いチェックのもとで、投票数を発表しなければならない。そして、どのような結果が出ても、その結果に応じた放送が出来るように綿密な準備をしていなければならない。これは、ある意味で日本のテレビ史に残る番組になるんじゃないか?そんな気すらします。

大好きだからこそ言いたい、日プのここが残念だった!

これまで、ざーっと日プの良かった点を書いていきました。でも、個人的には、日プの残念な点もあるんです。一言で言えば、音楽的要素を軽視してないか?ってことなんですよね。

せっかく最高な人選をしたラップ講師なのに、分量がない。

いや、だって、ラップ講師の人選を見た時に、めちゃめちゃ興奮したんですよ。BOSEサイプレス上野って。アラフォーの自分にとっては、スチャダラパーBOSEと言ったら「日本一フロウが上手い」とまで言われた人であり、ゼルダの伝説のCMやポンキッキーズのMCなどで、いち早く“お茶の間”に進出していったパイオニアでもあるんです。

そしてサ上は自分とほぼ同世代(3つ自分が上)、日本語ラップの大マニアでありながら、tofubeatsくんが10代だった頃にリミックスをいち早くオフィシャルとしてフックアップしたり、フリースタイルダンジョンの初代モンスターを務めたり、さまざまなアイドルとの仕事もこなすなど、世代間の架け橋でありながら、外のシーンとの懸け橋であるわけで、もうともかく、めちゃくちゃいい人選だなーと思ったわけです。

ところがですよ!二人がレッスンしている所の分量が全然ない。これまでの配信の中で、サ上が指導している姿が一回使われただけですよね。そのシーン配信直前に、サ上本人がtwitterで思わず以下のような発言をしています。

ラップという文化というかアートフォームに対して、あんまり運営・制作側に理解や思い入れがないんじゃないかな、と思ったりします。日本において色物視されてきたり、流行に乗ったフリースタイル偏重という問題があって、そこから抜け出せていない、というか。今回の講師二人が初心者にラップ指導している映像がもっと使われていたら、日本語ラップ市場に残る財産になると思うんだけどな~。

せっかく最高な人選をした韓国側の制作陣にスポットを当てない

今回のコンセプト評価のための楽曲、すごくよかったですよね。IZ*ONEのViolettaを制作したチーム、個人的にも大好きな曲をたくさん作っているFull8loomに、宇宙少女の活動曲も制作した"いぽいぽ”コンビなんかは、今旬のチームと言っても過言ではない。コンセプト曲投票の時にクレジットが発表された時なんて、ホント興奮しました。

でも、こんな素晴らしいチームを起用しておいて、楽曲発表や、レコーディング風景などで、全く制作陣について触れないんですよ。だって、アイドルこそ音楽性が大事で、流行をキャッチアップしつつ音楽史的な文脈をしっかり取り入れた楽曲が世界的評価を受けているというのは、それこそK-POPシーンが見せてきたことじゃないですか。CD屋のPOPみたいな曖昧なフレーズ出すだけじゃなくて、ちゃんと取り上げましょうよ。

さらには、デビュー評価曲である「YOUNG」なんて、PRODUCEシリーズでおなじみのチェ・ヨンジュン先生が参加しているんですよ。絶対そこに反応する練習生はいるし、触れない手はないでしょう?と思うんですが、そこにも全く触れない。そういう、アーティスティックな側面の情報には触れない、というのが、この番組の基本スタンスなんですかね。

正直、ラップ講師と楽曲制作陣に対する扱いからは合わせて、音楽的要素に対する軽視を感じるんですよね。本家を制作したMnetが音楽中心のケーブル局だったのに対して、日プはバラエティ番組制作陣の手による番組だった、という違いもあるのかな、と思います。

最後にこれだけは語りたい。日プの持つ大きな意義

もうこの時点で相当予定時間を過ぎてしまってて、早く朝飯食って仕事行かなきゃ!ってなってるんですが、最後に一つだけ。

日プのデビューグループが、意図したとおりに「グローバルボーイズグループ」的な存在になれるかどうか、これは本当に未知数だと思います。前の記事でも書いたとおり、本国でのPRODUCE101シリーズ問題を考えれば、当面は韓国で活動することが厳しく、そこから派生した国際的展開が予定通りにいかないことを思うと、なかなか苦戦するかもしれません。

でも、でもですよ、100人近くの魅力的な男の子たちを、日プがこの世界に解き放ったことは間違いないわけです。死票問題もあって、第一回順位発表式までに結構ファンを掴んでいた練習生も脱落してしまったわけですが、これは逆に言えば、そんなファンをたくさん持っているフリーの男性アイドルを生み出した、ということになるんです。彼らのキャリアは、むしろここから始まったばかりです。

そして先述の通り、番組の中でこれまで注目されてこなかった練習生にもスポットが当たりました。彼らもファンを掴みました。順当に残った上位陣は、数多くのファンを掴んでいますし、今回の11人に選ばれなかった9人も、負けず劣らずのファンを掴んでいます。

日本の男子アイドルと言えば、王道ジャニーズか、ここ10年ぐらいでLDH、スタダあたり。超大手事務所に所属しなければ男子アイドルとして人気を得ることは難しかったと思います。でも、この数年で、いわゆる地下メンドルがシーンとして出来てきた。さらに日プを経て、日プグループ所属メンバー以外にも90人近いフリーの人気アイドルが誕生した。こんな状況は、ちょっとこれまでになかったような気がします。一番近いのは、バンドブームからのイカ天ブームでいろいろなインディーズバンドが世に出てきたときの、あのザワザワした感じでしょうか。女子アイドルにおけるアイドル戦国時代のような時期が、男子アイドルに訪れる可能性もあると思います。

ともかく、日プは練習生の熱意と夢で、そのファンの熱狂で、運営・制作のスキルと愛情で、そしてそのバックにある資金力と政治力で、思いっきり時代の扉をあけようとしています。そういえば、日プ運営会社の資本金が50万円から7億5000万円に増資されてるみたいです。1500倍ですよ。これはもう何か起きる前触れというか、大人たちが何か起こそうとして大きくベットしてるんですよ。

www.yoshimoto.co.jp

株式会社LAPONEエンタテインメント
所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目18番21号
       旧新宿区四谷第五小学校

設立
令和元年5月29日

代表者
代表取締役社長 崔 信化

資本金
750,000,000円

事業内容
放送プログラム、テレビ・ラジオ番組、配信番組コンテンツ、コマーシャルフィルム、コマーシャルソング等の各種映像物・録音物の企画、制作、配給、販売、請負ならびに版権事業

泣いても笑っても、最終回まであと11時間。でも、そこから始まる新しい展開に、これからワクワクしたり、がっかりしたり、ともかくまた楽しめたらと思っております。It's Show Time!


【初公開】 PRODUCE 101 JAPAN 『ツカメ~It's Coming~』 パフォーマンス映像

2019年12月4日午前7時半

IZ*ONEになんらかの動きがあると睡眠時間が短くなってしまうんだよな。

IZ*ONEがこれからどうなるか、もうすぐ発表がありそう

12月3日の発表。まず日本公式サイトから。

www.izone-official.com

本日、韓国Mnetより今回の事案についての謝罪とIZ*ONEの今後の活動に関してのリリースがありました。

リリースにもありましたように、Mnetは元より関係各所と慎重に協議を行ない、出来る限り早く今後の活動に関する発表をさせて頂きます。

皆様にご心配とご迷惑をお掛けしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

韓国Mnetからの発表はこんな内容だそう。

www.wowkorea.jp

3日Mnetは「当社の番組で物議を起こしたことに対して視聴者とファンの皆さんおよび練習生や所属事務所関係者の皆さんに心からお詫び申し上げる」とし「現在、捜査に誠実な姿勢で協力しており、結果によって内部措置も取る」と明らかにした。

そして「関係者の皆さんとの協議を通じて早期に補償案と刷新対策および『IZ*ONE』と『X1』の今後の計画を発表できるようにしたい」とし「ただ何の過ちもないアーティストたちと練習生たちにさらなる被害が発生しないようご配慮いただくよう心よりお願い申し上げたい」と付け加えた。

だけど、 解散説は単純に信じるべきではないと思う

かと言って、絶対に完全体で復帰する、というのが確定しているわけでもないのですが、「一部メディアが解散と報道」みたいな日本語記事も多くあるようなので。

www.wowkorea.jp

www.clipkpop.com

「解散」に傾いている記事を書いてるのが、決まった媒体の決まった人なんですよ。スポーツ東亜のイ・ジョンヨンという記者。

メンバーがどういってるかはわからないけど、ファンが全員解体しようって言ってないよね?めちゃめちゃミスリードでしょ。

www.donga.com

 ファンも、メンバーも「解体しよう」... 「X1・IZ*ONE」すぐに決着

2日放送関係者によると、エムネットを保有しているCJ ENMは「各グループのメンバーの意見を最大限尊重して、慎重に決定する」という立場を維持しているが、メンバーらと所属会社関係者の意見が分かれリーダー最近解体に向かって意味を集めていることが分かった。これにより、これらの将来の歩みを決めて近いうちに発表するものと見られる。

この人、11月前半の段階から「解散!解散!」って言ってる人なんですよね。これは11月11日の記事。 

www.donga.com

 「投票操作」のX1・IZ*ONE解体手順

しかし、疑惑に包まれたメンバーを特定して、不必要な誤解を受けることもでき、最終的には「グループの解体が答え」という意見が広がっている。

 MAMAに対しても批判的な記事なので、反Mnetのスタンスが強い人なのかなーって思ってたんですけども。

www.donga.com

国内のファンは、MAMA名古屋ドーム開催の激しい反発

www.donga.com

 名古屋ドーム完売も笑わない 'MAMA'

 名前で検索したら、今回の件とは直接関係ないながらも、なんというか偏った記事をこれまでも書いてきた人、との記述がありました。ちなみにイ・ジェウンという人は、C-Jesの広報部長だそうです。

ameblo.jp

 *この記事を書いた「スポーツ東亜イ・ジョンヨン記者」 はイジェウンと繋がってます。

わざわざこんな事書いてるのも、この記事だけ。

スポーツ東亜のイ・ジョンヨン記者の記事は、要注意です。

 IZ*ONEの復活を待つ人たちはたくさんいます

11月20日、27日のラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」は、AKB48向井地美音さんと横山由依さんが代打登板。そして、番組は休止してもこの枠が守られることが明言されています。めちゃめちゃ心強い。

web.bayfm.jp

最後に、横山さんには「さくのき」を一度、お休みすることを伝えていただきました。

でも、ゆいはんがいってくれたとおり、AKB48がその放送枠を守ってくれて、咲ちゃんが復帰できる状態になったら、すぐに再開します。
水曜24時は「さくのき」の時間だと思って待っていてください。

咲ちゃんを、IZ*ONEを、そして、WIZ*ONEを、私達も待っています。

 そして今日は、MAMA2019が開催されます。ここで、もしくは翌日である5日に発表がある可能性もあるでしょう。

mnetjp.com

今、自分に言えることは、世界中に、IZ*ONEを待っている人間がたくさんいる、ということだけです。水面下でどんな動きや策謀が動いてるかは、わかりませんが、ともかく、IZ*ONEを待っている人間はたくさんいます。日本だけじゃない、韓国だけじゃない、世界中にいます。

そして、その事実を裏切らない決定がなされることを、心から祈っています。


[IZ*FIESTA] HISTORY ZONE

現実は妄想より奇なり-日プがいろんな角度から面白いと思っている話

この話、どこからどう書いたらいいのかずーっと悩みつつ、でもどっかで書きたいなーって思ってたんで、まぁもうともかく文章化しちゃうんですけども。

長澤さんの素晴らしい楽曲記事と同様、練習生個人の話はありません

kananxt.amebaownd.com

そして報道記事や事実を織り交ぜていますが、書いてあることはほぼすべて個人の妄想なので、実際の出来事などとの一致があったとしても、意図するものではありません。悪しからずご了承くださいませ。

PRODUCE101 JAPANってなんなんだろう?その成り立ち

この「なんなんだろう?」は、日プの持つ意味とか、アジアのエンタメに与える影響とか、そういう(鈴木がいつも書くような)抽象的なものじゃなくて、もっと具体的なことをちょっと調べてみます。

日プを運営する謎の会社、MCIPホールディングス

PRODUCE101 JAPAN(以下 日プ)の中心になっているのは吉本興業です。公式サイトにも運営事務局が吉本とCJ ENMの協同であることが明記されています。

produce101.jp

© PRODUCE 101 JAPAN 運営事務局
主催:PRODUCE 101 JAPAN 運営事務局(CJENM/吉本興業

で、日プの練習生募集時の記事を見返してみました。そこに、見慣れない会社の名前が入ってたんですよね。MCIPホールディングスってなんだろ?

audition-debut.com

 【主催】PRODUCE 101 JAPAN 運営事務局(吉本興業 / CJ EMN)

韓国で大ヒットしたサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」の日本版が始動。日本では初となる、国民が作り上げるグローバルボーイズグループ全国民投票型のオーディションを開催する。

今回のプロジェクトは、吉本興業株式会社と株式会社MCIPホールディングス、そして韓国を代表するエンターテインメント企業CJ ENMの協同によるもの。オーディションは1次審査、2次審査により、101名を選出。その後、番組を通じて日本国民(国民プロデューサー)の投票によって最終的に11名が選ばれ、グローバルで活躍するボーイズグループとして、2020年にデビューする。

公式サイト見てみたら、なんかもう規模がめちゃめちゃデカいんですよね。吉本興業ドワンゴ電通SONY MUSIC、SSTV、アミューズイオンモール、そしてクールジャパン機構。資本金25.1億円ってちょっと自分には規模感わかんないけどデカい。

mcip.asia

f:id:magma890:20191126151130j:plain

f:id:magma890:20191126151153j:plain

この中で、滋慶学園グループというのはなんだろう?と思って調べてみたら、毎回エンドロールで流れる「撮影協力」に出てくるダンス&ミュージック専門学校9校は、これみんな滋慶学園グループですね。

これは完全な憶測なのですが、参加者の中には、滋慶グループ校からの推薦とかスカウト、みたいな人も結構いるんじゃないでしょうか。完全にオーディションだけでこれだけのクオリティの人材を集めるの大変だし。初回のグループ分けとか、学校時代の繋がりだったりするかもですよね。

f:id:magma890:20191128064952j:plain

www.jikeigroup.net

f:id:magma890:20191128070052j:plain

というか、MCIPホールディングスを調べ始めると、なんだかよくわかんなくなってくるんですよね。吉本興業サイトの役員一覧に、MCIPホールディングスの役員が載ってるんだけど、グループ企業一覧には載ってないんですよ。

www.yoshimoto.co.jp

株式会社MCIPホールディングス
代表取締役社長
清水 英明

取締役
平岩 靖

取締役
宗田 明彦

取締役
帽田 基資

取締役
野田 由紀

取締役
喜多 静一郎

取締役
檜山 護

取締役
案納 俊昭

社外取締役
奥 智美

監査役
三田村 達也

でも住所は吉本の東京本部と一緒だから、やっぱりコレほとんどイコールなんですかね。小学校に居ぬきで入ったやつですね。

www.yoshimoto.co.jp

東京本部
〒160-0022
東京都新宿区新宿5丁目18番21号 旧新宿区四谷第五小学校

career.oricon.co.jp

吉本興業内日プ担当部署のトップは、日韓企画の大ベテラン

今、日プのデビューグループ名を募集してますが、その中にこんな一文があります。LAPONEエンタテインメント、自分は初耳でした。

produce101.jp

・グループ名が採用された場合、権利は株式会社LAPONEエンタテインメントに帰属 となりますのであらかじめご了承ください。

LAPONEエンタテインメント、吉本のグループ企業のようです。今年5月29日に設立。社長は崔 信化さん。場所は、MCIPホールディングスと同じく吉本東京本部。

www.yoshimoto.co.jp

株式会社LAPONEエンタテインメント
所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目18番21号
       旧新宿区四谷第五小学校

設立
令和元年5月29日

代表者
代表取締役社長 崔 信化

資本金
50万円

事業内容
放送プログラム、テレビ・ラジオ番組、配信番組コンテンツ、コマーシャルフィルム、コマーシャルソング等の各種映像物・録音物の企画、制作、配給、販売、請負ならびに版権事業

崔さん、日プのプロジェクトリーダーとして国プ代表のナイナイと並んで取材も受けてらっしゃいます。

www.nikkei.com

同企画のプロジェクトリーダーを務める吉本興業の崔信化・海外本部韓国代表は「日本発の世界的スターは韓国に比べると少ない」と話す。同社はエンタメ分野での海外進出を強めており、オーディション番組を通じて新たな分野の開拓を目指す。


「PRODUCE 101」、吉本とのコラボで日本進出

こちらの記事によると、LAPONEは吉本興業とCJ ENMとの合同で設立された会社だそうです。2019年9月22日付。

style.nikkei.com

オーディションを主催するのは、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」を運営するCJ ENMと吉本興業が合弁で設立した「LAPONE ENTERTAINMENT」と、「MCIPホールディングス」だ。
LAPONE ENTERTAINMENT代表取締役の崔信化氏は「アジアに放送ネットワークを持ち、大規模イベントを開催するCJ ENMと、世界に拠点を持つ吉本興業、MCIPホールディングスがタッグを組むことで、日本発のグローバルグループがつくれる」と『PRODUCE 101 JAPAN』への意気込みを語る。

ちなみに崔さん、この20年ぐらいでしょうか?ずっと吉本興業の韓国関係の仕事をやってらっしゃる方のよう。出身校(というか留学先)の法政大学新聞部サイトにインタビューがあります。

hupress.fc2web.com

一人の常連客は、こう話を持ちかけた。「卒業したらうちの会社で働いてみないか。韓国と日本は親しくならなければいけないし、必ず親しくなるという」。当時、崔信化(チェ シンファ)さんは法政大学法学部二年生だった。昨年度、内定先の吉本興業に就職し、現在主に「BONITA」のプロデュースなど韓国関連事業で活躍中。

吉本興業という会社
 「よく吉本はタレントや人の扱いがひどいと言われていますが、僕が見ている限りはすごく大切にしています」。吉本興業には、文化交流をビジネスチャンスとしてクリエイトする仕事がある。 「特別扱いをしないで、普通に接してくれる上司に感謝しています」。吉本興業は、他の会社より先に韓日関係の先頭に立つ事業を構築する事に期待している。入社して間もない現在は、テレビ朝日で毎週火曜日夜9時から放送されている「人気者でいこう!」で出演している「BONITA」というグループを担当する。また一方で、韓国の映画やドラマなどの輸入の仕事も手がける。  「韓国の仕事が僕に全部くるのがちょっと怖いです」。

BONITAって、なんか記憶の片隅にいるけど、なんだっけ…と思ったら、TV番組『人気者でいこう!』の企画ユニットですって!

あとメンバーがグラビア的に結構強力ですが、当時ってアイドル=グラビアアイドルって感じだったかも。いやー、しかし昔からこういう企画あるんですよね。

ja.wikipedia.org

2000年、『人気者でいこう!』にて当初、女性アシスタント募集の企画を行っていたが、途中からアイドルプロジェクトに変更。国内オーディションにより選ばれた6人が、韓国のオム・ジョンファやパパヤ等を手掛けたプロデューサー・チュ・ヨンフンの元に預けられた。


韓国語、歌、ダンス等の厳しいレッスンを受けた末、残った4人(園田真夕江川有未麻見奈央安田良子)で結成。グループ名の由来はスペイン語で「美人、かわいい人」を意味する"bonita"から。


2001年8月、韓国でシングル『ONLY YOU』でデビュー。同年9月、同シングルの歌詞を日本語に変更したシングル『Romance』で日本でもデビュー[1]。売上目標達成の為に「日本縦断5000kmキャンペーン」としてマイクロバスで移動を行い、日本各地でイベント(サイン会など)を行った。

というか、少女時代スヨンが2002年に日本デビューしていた日韓コラボユニット、route0吉本興業なんですよ。日プを吉本興業が運営してるのも、歴史的経緯があるんだなぁ…。ちなみに崔さんが手掛けたかどうかはちょっとわかりませんでした。

ja.wikipedia.org

route0(ルート・ヨン)は、高橋麻里奈チェ・スヨンの2人からなるヴォーカルデュオである。R&C JAPAN、吉本興業所属。

一応制作スタッフについても少しだけ

f:id:magma890:20191128200013j:plain

とりあえず、総合演出に名前を連ねてる方なんですが、中根三美さんはIVSテレビの取締役。ずーっと女性だと思ってたんですけど、男性なんですね。

www.ivstv.co.jp

そしてもうひと方、長久弦さんは、制作会社ガッツエンターテイメントの社長さんにして、熱烈な少女時代ファン(=S♡NE)だそう!週刊AKBとかも手掛けてらっしゃるようです。この方も、もしかすると今回のプロジェクトが動く大きな推進力だったのかも…と思ったり。

ja.wikipedia.org

1989年にIVSテレビ制作に入社、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)に配属されると入社1年目からビートたけし付きを任される。当時、総合演出であったテリー伊藤の元、キャリアを積み1991年、同番組でディレクターデビュー。29歳(1995年)で独立。1995年に放送が開始された『鉄腕!DASH!!』の立ち上げスタッフとして手掛け、ゴールデンタイムに進出後、総合演出となる。1998年、番組制作会社「株式会社ガッツエンターテイメント」をIVSテレビ制作の同僚、安西義裕とともに設立。『冒険!CHEERS!!』『週刊AKB』等、数多くの番組を企画・演出。

その一方で、韓国の女性アイドルグループ「少女時代」の熱烈なファンで、少女時代ファンの間でも知られた存在。[2]日本でコンサートが開催されると、数十万円をかけて作ったというオリジナルの少女時代スタジャンを纏ってすべての会場へと出向いている。推しメンはティファニー。いつかティファニーと会った時に韓国語で会話ができるようにとわざわざスクールに通い韓国語をマスターする。その後、少女時代とテレビ番組の収録時に会う機会があったものの、あまりの緊張からうまく話せない上に、ティファニーからは日本語で話しかけられたというエビソードを持つ。

twitter.com

エンドロールに出てくる日本人スタッフの皆さんは大体調べて、脚本家の方とか放送作家さんとかたくさん参加していることを確認したんですが、キリがなくなるので割愛します!すみません!

ともかく、日プには、かなりたくさんの、かなり優秀なスタッフさんが関わっているようです。いやはや、ものすごい大規模プロジェクトですよ。

日プを動かすもう一つの軸はここかな?

そしてもう一つ、取り上げておきたい側面があります。日プって、「mysta」ってサイトというかアプリで、練習生自撮り動画バトルやってるじゃないですか。

もうご存知の方も多いかもしれませんが、mystaのサイトのPartnerとして挙がってる企業が、結構日プ絡みなんですよね。スポンサーのSoftBank、放送してるTBS、そして元々のPRODUCE101シリーズを制作・放送してるCJ ENM。

f:id:magma890:20191126140701j:plain

 

この枠組みについては、mystaが始動する2018年4月にプレスリリースが発表されていました。PRODUCE48のお披露目が始まる一か月前ぐらいのタイミングですね。この時点で、日プみたいなプロジェクトが始まるとは夢にも思ってなかったけど、水面下では少しずつ動きがあったのかも。

corp.cchan.tv

女性向け動画メディア『C CHANNEL』を運営するC Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮、以下C Channel)は、後掲のパートナー企業とともに、mysta株式会社にて未来のスターを応援するオーディションアプリ『mysta』のサービスを本格開始いたしました。

C Channelとともにエフエム東京産経デジタル集英社、松竹、ソフトバンクTBSポニーキャニオンがmystaのパートナー企業として参加しております。今後は同社の本格的な事業展開のため、協業を進めてまいります。

ちなみに、mystaとC Channelの社長は森川亮さん。LINE株式会社の元社長さんですね。LINEは韓国のIT企業、NAVERの子会社です。森川さんに韓国のいろいろな方と人脈があっても不思議ではないと思います。

corp.cchan.tv

ja.wikipedia.org

2003年5月 - ハンゲームジャパン(→NHN Japan→LINE)入社

日プとほとんど関係ない話になっちゃうんですが、森川さんってもともと小さなころにタレント活動してたっていうのを10年前の記事で見つけて、なんだかこちらも今に繋がってる感。

enterprise.watch.impress.co.jp

 ―森川さんは、学生時代に何かビジネスをされていたんですか?

森川氏
 実は子どものころタレント活動をしていまして、その後音楽の世界に入ってジャズバンドとして活動していました。ライブもやったり会社のパーティの演奏をやったりしていたんですよ。

これは蛇足かもしれませんが、最近のニュース。LINEはSoftBank系のZホールディングスとの経営統合で合意しています。

www3.nhk.or.jp

 LINE親会社「フィンテックに力を入れる姿勢」
ヤフーとLINEの経営統合についてLINEの親会社にあたる韓国のIT企業ネイバーは、「経営統合は金融とITを融合したフィンテック分野の成長を加速化させ、新たな事業領域への進出の可能性を高めると判断した」とするコメントを発表し、今後、フィンテックに力を入れる姿勢を示しました。

PRODUCE48を見ていた時に、これがSHOWROOMなりCHEERZなり.yellなりという応援投げ銭アプリとくっついたらえらいことになるなぁと思ったんですが、それが日プではmystaで始まりました。

今の投げ銭アプリって、ファンの熱量を一番直接的にマネタイズできる方法じゃないですか。実際、mystaでの課金バトルはなかなかの盛り上がりでいくつもの城が建っているようですし。

これは完全に憶測ですけど、日プの当面のマネタイズ方法として選ばれたmysta、実はプロジェクト全体の座組が作られる上で、結構重要な位置を占めているのかもしれません。

大型プロジェクトは一気に前途多難に…救世主はいるのか?

こうやっていろいろ調べてて思ったのは、ともかく参加するプレイヤーが大手!ということ。この番組を開始するにあたっては、かなりの準備とそれに見合ったお米が動いているはずです。そして、当然そのプレイヤーたちは、回収を前提に投資しているはずなんですよね。

当座はmystaの課金レースかもしれませんが、ここから先のデビュー、リリース、ツアーなどなど、それこそグローバルな活躍を見越して、かなり先行投資していると見ても良いと思います。

そして、もちろんそこにはCJ ENMがしっかり関与しているはずです。そもそものフォーマットの権利はCJにあるでしょうし、日プの運営会社、LAPONEは吉本とCJが共同で設立した会社なわけだし。

というところで、起きたのがアンPD逮捕などなどのPRODUCE101投票操作事件、そんな中で、前にも貼りましたが、日プ運営は以下の声明を発表します。

produce101.jp

 『PRODUCE 101 JAPAN』における全ての投票集計作業は、制作に携わる複数社のスタッフの立ち合いによって公正に行われております。また、一連の報道で名前が挙がっている不正投票操作に関わったCJENM社員やその他関係者は、「PRODUCE 101 JAPAN」の番組制作業務に携わっておりません

これも推測に過ぎませんが、本家張りのいろんなあれやこれやも、この問題が明らかにならなかったら行われてたかもなーってのは思うわけです。これだけお米をかけて、これだけ豪華なスタッフで、これだけ大々的にやるわけですから。

でも、そのあれやこれやは絶対に出来なくなった。いや、やろうと思えば出来るのかもしれませんが、これまでの順位の動きや展開を見ていると、狙ったような面白い展開というよりも、運営側の意図を越えた、その場その場のハプニングや国プの流れで動いているように見えます。

そしてもう一つ、これは悲観的な観測かもしれませんが、PRODUCE101シリーズの日本版としてデビューしたグループを、現時点で韓国で売るのは相当厳しいですよね。

IZ*ONEとX1が活動停止を余儀なくされ、I.O.Iの再結成も難しそうです。ここで日プのグループが韓国デビューするというのは、現状ではちょっと考えられません。

順当に考えて、日プグループが、グローバルアイドルとして歩く一歩目は、やっぱり韓国、Mnetの舞台の予定だったと思うんですよね。なんならMAMAに煽り出演する、ということもありえたかもしれない。

間違いなく、Mカウントダウンには日プグループが出る予定だったでしょう。でも、現状では正直めっちゃ厳しいですよ。そうすると、このグループを、どうやってグローバルアイドルとして売るか?本当に難しい問題になってきます。

様々なアイドルプロジェクトを試行錯誤してきている吉本興業ですが、国際的なアイドルグループを大成功させた例は、まだないと言ってしまっていいと思います。いや、タイよしもとのSweat16!とか可愛いですけども、今年一月の動画がまだ再生回数1800回とかだし。


Sweat16 เที่ยวงานอุ่นไอรัก

www.thaich.net

最大最強のパートナーであるCJ ENMとの二人三脚を打ち出せなくなって吉本興業、どうやって日プグループを売り出すのか…。というところで、ハタと気が付きました。ものすごくいいパートナーがいるじゃないですか…。

日本企業で国際的なアイドル運営のノウハウを持っていて、そしてMCIPホールディングスに参加しているのは…そう、言わずと知れた国際的人気を誇るガールズグループ、PerfumeBABY METALを擁するアミューズです。

この二組を「アイドル」の枠で語るといろいろと反論があるかもしれませんが、ダンス&ヴォーカルユニットとして、この二組はかなり海外での実績を積んでいます。その実績とノウハウが日プグループに活かされたら…。

PRODUCE101シリーズ全体のスキャンダルという苦境を、アミューズと吉本のタッグによる日本企業中心の世界戦略で乗り切る、コレだ、コレですよおおおおおお!!!

とか適当なことを書いてたら、大変なことになりました

や、激震が走りましたよね…。

produce101.jp

 国民プロデューサーの皆様へご報告

いつもPRODUCE 101 JAPAN及び練習生へ大きなご支援をいただきありがとうございます。

練習生キム・ヒチョンにつきまして、
一身上の都合により、PRODUCE 101 JAPANから辞退することになりましたのでご報告致します。運営事務局としても本人の意向を尊重し辞退を受け入れることとなりました。
既に収録している番組や制作物に関しましては、現状のまま進行致します。

もうね、ほんと自分が適当な記事を書き飛ばしている間に、現実は思いもよらない方向に飛んでいくんだな、と思いました…。とりあえず自分は予想していなかったですこんなことが起きるなんて。現実は妄想よりも奇なり…。

ほんと、どうするどうなる日プ!今週分の配信まであと30分切りましたよ!(あとで見ます

危機だから見える、IZ*ONEが日韓コラボである強味+おまけ

まーた変な時間に起きてしまったのでまとめておきます。

IZ*ONEの韓国での現状(2019年11月19日午前6時現在)

11月7日のカムバ延期から、まだ12日しか経ってないの?って感じですが、それ以降、韓国のメディアにIZ*ONEが出ることはなくなっているようです。

ひどすぎてブログで取り上げる気がなかったんですが、一応貼っておきます。ユジンと奈子ちゃんの存在がCGで消された回。これはさすがに疑問の声が上がったよう。

この放送が11月11日なので、ちょうどカムバ予定日。世論的に最も非難の声が強かった時期、ということもあるかもですが。それにしても酷いわコレ。

danmee.jp

 今回の「マイ・リトル・テレビジョン V2」の大幅編集に対し韓国ネット上からは

「ここまでする必要があった?こんな状況が本当に残念」
「メンバーが犯罪者ってわけでもないのにここまでするなんて本当に残酷すぎる」
「大人達の過ちでメンバーがこんな仕打ちを受けているのは本当に胸が痛い」
「本当の犯罪者は良く番組に出ているのにこの子達は何でこんな目に遭ってるの?」
「アン・ジュニョン(「PRODUCEシリーズのPD」)がただただ憎い」

という編集に対するショックを隠しきれない声や、やり過ぎでは無いかという疑問の声が多く聞かれることとなった。

そしてPRODUCE101シリーズは、韓国ではすべて配信が中断されたそうです。まぁこれは、問題になっているシリーズそのものなので、わからなくもない判断。11月18日。

news.kstyle.com

ちなみに、ミンジュが主演した映画は、11月21日に予定通りに公開されるようです。試写会に出演できなかったのは残念だけど、公開出来て良かった。しかも原作が日本でも有名なあの人ですよ。

www.clipkpop.com

「The Fault Is Not Yours」は、12年以上に渡り5,000人以上もの学生を救ってきた“夜回り先生”こと日本人教師・水谷修氏の著書を基に、イ・ソンハン監督がメガホンを取った意欲作。学校や家でさまざまな困難やトラブルに直面する高校生たちと、そんな彼らに親身になって寄り添う教師の温かな交流を描く作品だ。「キム・ミンジュ」は学校で同期生たちにいじめられる役を演じた。

 

この映画は、11月21日上映を確定して、今月から本格的な広報日程に入った。「プロデュース投票捏造事件」という予期せぬアクシデントが起きた。11月6日「IZ*ONE」の「キム・ミンジュ」が抜けた状態でメディア配給試写会イベントを進行した制作陣は、今後も「キム・ミンジュ」の言及を最小化する線で広報活動を続ける方針だ。 

 ちなみに11月22日にアルバム発売説は誤りだそうです。

sports.chosun.com

アマゾンを通じて販売予定されていたIZ*ONEの新しいアルバムは、他の国内のサイトの先行予約販売分と共同購入量と同様に回収手続きを踏んでいる。 

そして、IZ*ONEの日本における現状 

11月7日以降、韓国では完全にメディアに出ることが出来なくなっているIZ*ONEですが、日本ではすでに収録・取材・撮影された分が公開されています。

11月13日のラジオ、宮脇さんがMCを務める「今夜、咲良の木の下で」。話題を呼んだメッセージは、以前のものを意図をもって流していたんですね。スタッフさんの心意気、本当に敬服ですよコレ。

web.bayfm.jp

 そして、Human Loveに流れた後のメッセージは、以前、番組の中で、咲ちゃんがいった言葉
「私達は、IZ*ONE 12人なんですけど、その横にはいつもWIZ*ONEがいて、たくさんの人たちがいるから、ステージができているんだなっていうのをホントに感じて、だからこそ、今いるWIZ*ONEともっとたくさんの人に知ってもらいたい、がんばりたいと思えたので、私達がここまでこれたのはWIZ*ONEのファンのみなさんが応援してくれたおかげです。ほんとにいつもありがとうございます」・・・。

 11月14日にはひぃちゃんのラジオ「本田仁美のWorld Get You」も放送されました。通常営業ですよ!という感じに、なんだか安心感もあり。いやしかし、本当にどんどん綺麗になるなぁ…。

 13日にはnon-no webの連載でチェヨンと奈子ちゃん、18日はJJのサイトで宮脇さんインタビューの再構成が掲載されました。

nonno.hpplus.jp

jj-jj.net

個人的に、「おお~」と思ったのが、Abema TVで11月15日から「IZ*ONE CHU」の配信が始まったこと。今見るとみんななんちゅーか幼くて可愛すぎです。これたった1年ちょっと前なんだよなー。

abema.tv

テレビなどに出演しているわけではありませんが、完全にIZ*ONEメンバーをシャットアウトしないといけない!という状態になっている韓国とは、大きな違いを感じます。

このバランスがもしかすると、日韓コラボグループの隠れた強味だったのかも

11月7日以降、韓国で理不尽で過剰なバッシングを受け、メディアに登場できなくなったIZ*ONEですが、日本ではどうにかメディアに乗り続けています。

この状況を、韓国がどうの、日本がどうの、という二分法で説明するつもりはありません。日本だって、事務所とのトラブルで地上波に出られなくなる芸能人がいたりします。

ただ、二国で活動していることによって、完全に消されてしまうことが避けられている、というのは、非常にありがたいことだな、と思うんです。

日本でIZ*ONEを取り上げる記事や放送、配信に、世界中から賞賛の声が集まることは、IZ*ONEに対するファンの愛情の大きさや、彼女達に対するバッシングが間違っていると考える人が多いことを可視化出来るわけですから。

日本と韓国という、いろいろな摩擦・軋轢を抱えた二国で活動することは、様々なリスクもありますが、片方の国での危機状況において、もう片方の国でバランスを取るような動きが出る、というのは、隠れた強みなのかもしれない、と思います。

明確なソースのある情報ではないですが、Twitterとか見ていると、韓国の世論がIZ*ONE擁護の方に傾いているという話も出ていたり。ユンジョン先生じゃないですが、「耐えれば勝ちます!」であることを祈ります。

まぁもちろん、これからどうなるかなんて、まだまだわからないし、前回の記事でCJ ENMの株価が落ちてるって書いたらここ数日ちょっと戻してきてたりするわけですがw

 

というか、韓国で社会的に抹殺されはじめているPRODUCE101シリーズの存在が、日本で生き延びているという状況が面白い、という気もします。

ガチで投票が反映されまくってて面白味に欠けるという意見もありますが、それでもPRODUCE101 JAPANは継続しています。

produce101.jp

 いつもPRODUCE 101 JAPANならびに練習生への大きなご支援をいただきありがとうございます。
『PRODUCE101』シリーズに関する投票集計不正操作の報道がなされておりますが、『PRODUCE 101 JAPAN』は韓国PRODUCE101シリーズから独立した「日本版」独自の運営体制によって制作されており、不正はなされていないことをご報告いたします。

日プがプデュシリーズの生命線を守ってるような、こんな状況、誰が想像したでしょうか…。そういえば中国でも新シリーズやるんですよね?フォーマットだけ外国で生き延びるってすごくないですか?

てか、よく考えたらGYAO!でシーズン1と2の配信が継続されてますね。この機会に見るかなー。

gyao.yahoo.co.jp

gyao.yahoo.co.jp

おまけ 落選した練習生たちは変わらずに更新してるみたい

IZ*ONEが韓国で完全に停止状態になってて、じゃあ他の練習生はどうなんだ?と思って調べてみたら、まぁ結構みなさん通常運転でやってらっしゃる。とりあえず最終20人に残った人だけでも。

続きを読む

巨大企業CJ ENMは、PRODUCE問題の解決に、最大限の誠意を見せる必要がある

ハングルを機械翻訳した日本語ばっかり読んでるので、タイトルも機械翻訳っぽくなっているんですが…。

シン・ヒョングァン音楽コンテンツ本部長について

いろいろ調べたんですが、CJ ENMのサイトの経営陣のところに名前が出てない気がするので、ここでは副社長ではなく音楽コンテンツ本部長(以下シン本部長)として扱います。

www.cjem.net

シン本部長、Mnetをはじめとした音楽部門の責任者で、MAMAやKCONの総括なども担当しています。本当に音楽部門の顔役という感じ。

lp.p.pia.jp

MAMAを総括するCJ ENMの音楽コンテンツ本部長シン・ヒョングァンは、「アジア最高の音楽授賞式として定着したMAMAは、K-POPのグローバルな影響力の拡大と韓流拡散の起爆剤として役割を果たしてきた」とし、「国と文化の境界を越えて、K-POPとアジア音楽が世界の主流になれるよう努力を続けていきたい」とのビジョンを語っている。

www.barks.jp

<KCON>を総括する「CJ ENM」シン・ヒョングァン音楽コンテンツ本部長は、「過去5年間、継続的に規模を拡大し、観客のニーズに合わせた<KCON JAPAN>を介して、日本国内での韓流がビューティー、ファッション、食文化など、「日常の韓流」として成長することができた」とし、「今年、日本人観客から反響が高かった「KCON GIRLS」の事例から、地元での人気韓流ジャンルを活かした<KCON>コンベンションプログラムのブランド化にて、各国での韓流拡大のため引き続き努力していきたい」とコメントしている。

2016年10月31日の記事で、Mnetに入社してからのこれまでを振り返っています。タイミング的に、PRODUCE101、シーズン1が終わったところですね。

いつものように機械翻訳で読んだのでところどころ意味不明なんですが、結構興味深い内容ですコレ。

news.joins.com

 彼は1994年にMnet PDに入社してtvN制作局局長・Mnet制作総括局局長・Mnet常務・CJ E&Mエムネットコンテンツ部門長を経て、10月1日CJ E&M音楽事業部とMnetを統合した音楽コンテンツ部門長になった。22年間したところにあり、着実にコンテンツを作成してきた最高の高桁まで上がってきた。制作費がなく、本人が直接企画し演出してもVJとして出ることもした。

「他のスタッフがいませんでした。私と出演者、ちょうど二人でした。制作費が7万円イオトウP.ディディ、今は想像することができないシステムです。」

7万ウォンのプログラムを作っていた花嫁文章が、今では数百億ウォンを注ぐ「MAMA」「K CON」をローンチした。「MAMA」は、数年に香港で開催し、アジア人たちが楽しむことができる祭りになった」K CON」は、米国した媒体で選定した、ぜひ行くべき15のフェスティバルのいずれか選ばれた。アジアを越えて、中東と米国、欧州で成功的に開催し、次は中国とオーストラリアだ。

 

 Mnetがいつも正しいわけではない。編集論議と扇情性などの問題点は、解決すべき課題として挙げられる。演出勝手編集する別名「悪魔の編集」にされた人がたくさんある。これ気にせずに楽しもうとするような製作陣の態度も、いつも悩みである。シン部門長は、チャンネルの色の多様性と説明し、「国内100以上のチャンネルがある。私たちも性格が他のチャンネルのいずれかであり、問題がある場合は改善するように修復することも知っている」と述べた

 

当時「ケーブルはマイナーリーグ・地上波はメジャーリーグ」という認識があった。 "

-今はその境界が崩れた。

「2010年「スーパースターK2」が視聴率20%を超え、そのような認識が消えた。むしろ、地上波を凌駕したという話も出ていないか。」


-そうよく行ってきた「スーパースターK」が、今は下落傾向だ。

「もちろん、視聴率が落ちて関心度は低くなったが、単一のブランドがされていなかったか。今大型歌手たちのカムバックラッシュも音源チャートを守っているのがボルパルガン思春期だ。「スーパースターK」だけで示すことができる音楽と歌手がいる。バスカバーサスも春だけと、間違いなく登場しないのか。その意味では、新しいアーティストを輩出するだけでも十分な価値だ。流行は回り回っていつか戻ってくる。「スーパースターK」の再全盛期もいつか来ないか」

シン本部長としては、スーパースターKシリーズに思い入れがあったんでしょうか。しかしこのあとPRODUCE101シーズン2が大ヒットし、オーディションと言えばプデュ、というような状況が生まれていきます。

そのシーズン1・2も投票数操作が行われていた、ということが明らかになってきました。これ、最初のうちは、1・2シーズンは投票数操作してないってアンPDが言ってたのがちょっと不思議というか、何かあるんだろうな…って勘ぐっちゃいますね。

また、シン本部長についても、さらに取り調べを受けるようです。 2019年11月14日の記事。

news.joins.com

エムネット(Mnet)のアイドルオーディション番組「プロデュースシリーズ」は全シーズンにわたって視聴者投票の操作が行われたことが分かった。そのプログラムを担当したアンPDは警察の調査でシーズン3・4に続き、シーズン1及び2を操作した事実も一部認めたと伝えられた。

 

エムネット運営会社CJ ENMでオーディションプログラムを総括したシン・ヒョングァン副社長に対しては、警察が捜査を続けることにした。警察関係者は「シン副社長は被疑者で立件ドニーは確かだが、具体的な容疑を続け見ていて送致リストに入っていない」と述べた。

ちなみに、このTwitterアカウントってシン本部長本人ですかね?別人のなりすまし?

twitter.com

CJ ENMの株価は、明確に下落している

以前にリンクした記事で、CJ ENMの株価が下落している、という一節があって、本当?と思って調べてみたら、結構下がってるんですよね。

11月5日 174000w アンPD逮捕 

11月7日 167300w IZ*ONEフルアルバム発売延期 

11月8日 154800w  アンPD「あらかじめ順位が決まっていた」と供述

11月14日 148800w 9日間で約14.5%の下落 

f:id:magma890:20191114212547j:plain

いやいや、韓国の株価が下がってて、それと連動してるんじゃないの?という意見もあるかもなので、韓国総合株価指数との比較グラフも見てみると、そこそこ連動していたのが、ここ数日でCJ ENMだけガクーンと下落してるのがめちゃめちゃわかりやすいです。

青がCJ ENM、赤が総合株価指数です。

f:id:magma890:20191114213407j:plain

いやいやいや、CJ ENMの業績が落ちてるんじゃないの?だから株価下がってるんじゃないの?という意見もあるかもしれないので、四半期財務情報を見てみました。業績的には去年より伸びてます。でも、いま下がってるんですよ、株価。14%以上も。

f:id:magma890:20191114213539j:plain

ちなみに、CJ ENMの規模ってどのくらいなのかなーと思って比較してみたら、時価総額がSMエンタの3.6倍くらいありましたし、JYPの4.2倍くらいありました。まぁめちゃめちゃ大企業ですよ。

f:id:magma890:20191114213726j:plain

f:id:magma890:20191114213822j:plain

この巨大企業の株価が下がってる、そして、その要因は、どう考えてもPRODUCE101シリーズ問題なわけです。これはもう、CJ ENMは本気で取り組まないとまずい状況ですよね。どんどん投資家が逃げていきかねない。

IZ*ONE、X1を擁護する声が大きくなり始めている

PRODUCE101シリーズの名物先生、天才振付師のベ・ユンジョン先生が、こんなツイートをしてます。訳はレイさんありがとうございます!

みなさん、人生どうってことないです。ファイティンしていきましょう!

他にも「我慢すれば勝つ!IZ*ONEにも伝えておいて」とメッセージを伝えたユンジョン先生、もうこれ以上の味方はいない!という感じです。

という流れの中で、ソロシンガーのエリック・ナムさんも、インタビューの中でX1とIZ*ONEの側に立ったコメントを残しています。

news.sbs.co.kr

He said, "Those kids would probably be extremely anxious, and they must be having a hard time now. I hope they can find strength and that everything gets resolved. I honestly don't know the details, but I really hope them to find strength."

彼らはきっと非常に不安だと思う、そして本当につらい時を過ごしていると思う。私は、彼らが力強くいることで、すべてが解決していくのでは、と思っている。

私は事情を詳しく知っているわけではない。彼らが強くいられることを心から望んでいる。

 実は彼、STONE MUSIC所属なんです。そう、CJ ENMの音楽レーベルです。

stonemusicent.net

個人的には、IZ*ONEとX1に対する擁護の声がこれからも強くなっていく流れなのではないか、と感じています。そして、レーベル側・親会社側も、その方向に舵を切ったのではないか、とも考えられます。もちろん、希望的観測が多分に含まれていますが。

CJ ENMグループは、PRODUCE101シリーズ問題の大きさと、IZ*ONEとX1を切り捨てる方向性が会社の価値を大きく下げることを強く感じているはずです。

落選練習生への可能な限りの補償、問題を起こしたスタッフの更迭と新スタッフによる明確な倫理要綱設定、そして、今回の問題で被害を受けたIZ*ONEとX1、両グループのメンバー、ファンへの真摯な謝罪とその活動継続を明確に補償するべき時でしょう。

2019年11月12日23時50分

ブログ読んでくださってありがとうございます。

沢山の方に読んでいただいて嬉しいですが、こんな事態ではなーっていう気持ちもありつつ、しかし、日本語で、ツイートとかではなく、記事とかをまとめておくのも、意味があるだろう、と思いつつ、この2日間ぐらいの動きをまとめます。

機械翻訳で、ところどころ名詞とか細かいところを直してますが、相変わらずハングルが読めないのでおかしな部分があるのはお許しください。

理不尽な批判にさらされていたIZ*ONEに擁護的な意見が出始めた

アンPDが逮捕され、アルバムが発売延期になったあたりでは、なぜかIZ*ONEに対する風当たりがめちゃめちゃ強くて、「解散必至!」みたいな雰囲気すらありました。

でも、そんな中で、いち早くIZ*ONEを擁護する言説を発表してくださった方がいます。윤광은(ユン・グァンウン)さん。

11月8日の時点で、IZ*ONEではなくMnet=CJenmの責任を問うのは、勇気が要ることだったのではないかと思います。敬服です。

11月8日 投票操作、IZ*ONEではなく、Mnetが犯した

www.mediaus.co.kr

この社会が「正しい」の価値を指向するために批判するのに、その後、批判者も正しい方法で批判する責任がある。

 

今すぐグループが解散になったら、彼は一年以上の時間が無駄に戻り、今後「操作グループ」出身という札をつけては他に被害者になる。

状況はどんどん再生され、メンバーの多くが10代半ばから10代後半の若者である。

世界の巨大ないじめと何ら緩衝障壁なく直面するのは、彼らが直接犯した過ちがないという点に照らせば、あまりにも過度の罰である。

 

CJ E&Mは、自分がこぼした悲劇を、自分が収拾しなければならない。

事件のこれといった動きや具体的な立場表明せずIZ*ONEのカムバックをオフにして解体することの責任を切り取ってはいけない。

投票操作で脱落した被害者がいる場合は、被害者が希望する方法で妥当な賠償をすることが最優先である。

しっかりとしたリンゴを表明し、今後同じことが再発しないようにビジネスを行う方法も刷新しなければならない。

そんな道徳的役割を果たした後、IZ*ONEのメンバーとファンにも責任を尽くして彼らの将来を議論しなければならない。

その具体的な方策は、CJが見つける必要がある。現在事案を批判する人々も、このような論点を認識したまま批判を取る必要がある。

そして警察からの発表がある、と言われた(アルバムの本来の発売日だった)11月11日には、さらに力のこもった文章で、IZ*ONEとX1への攻撃は無意味であり、責任を取るべきは会社側だ、と語られています。

11月11日 IZ*ONE解体はCJを助ける道だ

www.mediaus.co.kr

まず、投票操作を犯したのはIZ*ONEではなく、エムネットである。責任はそれを行った主体が支払わなければならない。

 

第二に、投票操作の最優先の犠牲者は、脱落した練習生という点で再論の余地がない。ただしIZ*ONEのメンバーが加害者ではない。彼らの中に、かえって被害者もいる。

最後の放送で二十人のうち12人を引っ張ったのでIZ*ONEメンバーの中には、操作によらなくても、デビューすることができる練習生も多数あった。次に、それらもその作られた競争のチェス盤で翻弄された被害者なのに、「操作グループ」に包んで捕えられ、被害者の道徳的地位すら得ることができない。

 

第三に、IZ*ONEは<PRODUCE48>出身のグループという性格と、デビュー以来PRODUCE48を見ていない視聴者を相手に活動してきたグループという、それぞれの性格が共存するグループである。

IZ*ONEは<PRODUCE48>放送後も国内外の多くのファンを流入させた。したがってIZ*ONEの活動には、これらとの約束、信頼もかかっている状況である。

 

今このような状況ではIZ*ONEが解体をすることになれば利点を見る人は誰なのか?放送を見た視聴者たちにどんな利点が行き渡る?

IZ*ONEが解体すると、脱落した練習生にどのような利点があるか

 

皮肉なことに、グループの解体に明確な利点を見る「唯一の」主体はCJだ。

彼らは投票操作事態でブランド価値に致命的打撃を受け、株価が下落しているというニュースが相次ぐ。

CJが打撃をできるだけ早く回復する道はIZ*ONEをできるだけ早く切り取り責任所持をなくすものである。これCJに最も簡単な解決策を許可し退路を開いてくれると似ている。

IZ*ONEのすべての活動と計画は、まさに一瞬のうちにキャンセルされた。もしそれががちなグループは捨て、収益をより期待できるグループは守る方法の選択、切り取りなら、現状で取ることができる最も非倫理的選択をするものである。

 

解体は巨大権力による別の被害者を生み出す、その趣旨に反する点がある解決策であり、CJに非情な決断を許す可能性があります。

ユンさんだけでなく、こちらの記事でもX1とIZ*ONEの解散で問題を終えてはいけない、という意見が語られてます。2組を解散させるのは、尻尾切りに過ぎない、と。

操作→解体手順?... X1・IZ*ONE、臆病な尻尾切り

n.news.naver.com

これにより、警察はアンPDのほか、その上層部が操作に介入した可能性を念頭に置いて捜査を行っている。また、CJ E&M全体として捜査を拡大する方針だ。

捜査結果だけみても、問題はCJ E&M側から開始された。彼らの主張どおり、今回の事態が一介PD個人の誤りであっても、そのPDがCJ E&Mに所属人以上、責任から自由ではない。

ところが、いざ被害は練習生たちに転嫁されている。

 

何よりも大きな問題は、X1とIZ*ONEがすべての事件の「被害者」というものである。

中核を握る投票を操作した張本人は、X1とIZ*ONEではない。練習生はその能力もなく、自分の夢のために血と汗を流して努力したまでだ。操作やコンテスト曲事前流出のような事は全て「大人の世界」で行われたことだ。

しかし、問題を招いた大人は子供の後ろに隠れてしまい、最終的にはX1とIZ*ONEが、すべての責任と矢を正面から受けて出している。このような状況では、チームを維持しても、チームを解体しても、両方のグループに属したという理由だけで、そのメンバーに引き続き加えが行われるしかない。なぜこれらがそのような重いくびきを負うのか。

今の若い青春ではなく、事件を作り出した「大人」が責任を受け入れなければならない時だ。

皆が固唾を飲んで見守る中、警察発表が一日延期になりました。

news.kstyle.com

ソウル地方警察庁側によると、本日(11日)予定されていた定例記者懇談会を内部の事情で一日延期した。

捜査の手はCJ ENM中枢部、そして落選練習生にも伸びる

2019年11月12日、警察からの発表がありました。事前に噂されていたような(冷静に考えたら、現時点の警察発表でそれがアナウンスされるわけはないんですが)2組の今後についての発表や、“本当の順位”についての発表はなく、捜査がMnet=CJ ENMの中枢へ、そして番組に出演した練習生にも行われることが明らかになりました。

警察「PRODUCE」シリーズの関係者10人を立件…番組に参加した練習生も調査対象に?

news.kstyle.com

 警察がCJ ENMの関係者など10人余りを立件した。

イ・ヨンピョソウル地方警察庁長は本日(12日)午前、ソウル鍾路(チョンノ)区内資洞(ネジャドン)ソウル警察庁舎にて開かれた定例記者懇談会で、「CJの関係者など『PRODUCE X 101』に関連して立件した人を全員合わせると10人程度になる」とし、続けて「5日に逮捕されたアン・ジュニョンプロデューサーなど2人と、棄却された2人を含めて10人だ」と述べた。

イ・ヨンピョ庁長は全体的な捜査状況と関連し「公正社会を実現する次元で、徹底的に捜査が行われなければならないと考えている。全般的に企画会社の疑惑や接待、上級職員の介入などについても徹底的に捜査している」と説明した。

立件された人数は、拘束されたアンプロデューサーらCJ ENMと企画会社の関係者など10人程度である。

イ・ヨンピョ庁長は「(拘束されたアンプロデューサーとキムチーフプロデューサーの場合)、14日に拘束満期となり、14日に検察に送致する」と明らかにした。また警察は番組に出演した練習生への調査も検討していると伝えられた。

[総合]「プデュX」操作疑惑CJ高官も立件→X1のメンバーたちも召喚されるか

sports.chosun.com

メディアによると、以前押収捜索対象となった企画会社所属の練習生だけでなく、当時のランキングで登ることが示したが、予想とは異なり、脱落した練習生も含まれるものと思われる。警察は、練習生たちには、撮影の過程では、話や所属事務所で順位事前操作関連の話を聞いたことがあったのかについて、主に水をものと思われる。 

警察、「プデュ操作疑惑」CJ ENMの関係者の捜査

CJ ENMの関係者など10人余り立件... 担当PD・CP近いうち検察送検

news.mt.co.kr

 警察は、今回問題になったプデュXだけでなく、すべてのシーズンに全方位的な捜査を進めている。先に警察はCJ ENMオフィス4回、芸能事務所5ヶ所、文字投票データ保管業者などを家宅捜索し、シーズンごとの関連資料を確保した。

(中略)

一方、警察はプデュXと同じチャンネルで放映された女性アイドル育成バラエティ番組「アイドル学校」の投票数操作疑惑も調査中だ。

闇の中で、いくつかの希望

もう、正直言って、混沌としていて何が何やらわからんのです。自分も、時には「もう解散は既定路線だろ…」とへこんだり、時には「これは、なんか知らんけど彼女たち復活するで!間違いない!」とテンション上がったり。感情が忙しい。

そんな中で、偶然見つけたんですが、dc insideでWIZ*ONE側がIZ*ONEをサポートする専門家集団を探し始めていました。

この勝手連的な動きがどれだけ意味をもつかわかりませんが、しかし、そもそも真相究明委員会のほうも、勝手連的に始まったものではあります。サポート集団によって、IZ*ONEの力になれることがあったら、お互いにこんなに嬉しいことはないと思います。

[一般] ((お知らせ))IZ*ONEサポートの専門家集団の参加要請

gall.dcinside.com

 ご存知のように、現在多くの困難に直面している状態です。

メンバーたちの明確な法律的な協議も明らかになっていない状態で、アンディレクターのシーズン3,4、の問題があった某放送局の報道かを皮切りに

無分別な報道があ​​ふれており、これにより、11日に予定されていた正規1集も延期されている状態です。

今後どのような形で今回のことが行われることが知ることができないバー、すべての場合の数を想定して有機的に対処できるようにウィズワンの中で諮問サポート機構を作成しておくことが万一の事態に能動的に対処することができていると思われます。

次の関連分野の専門家がいらっしゃればするメールでご連絡お願いいたします。もしを備えた非常連絡網を構築することを意味喜ん考えていただければいいようです。

 - 弁護士、法律事務所などの関連企業勤務と勤務経験者(日本、韓国)

 - エンターテイメント会社運営と投資経験者

 - 広告代理店運営および広告執行の専門家

 - クラウドファンディングとエムエンこの関連専門

 - 税務会計の専門

 - 印刷、出版物制作の専門

 - オフィスレンタル、財政サポート可能な資産家

 - メディアと放送メディア勤務(ユーチューブ開設と運営者を含む)

 - その他本人の能力と人脈経験などが現在の事態の解決に役立つことができる職種に勤務している方

 もう一つ、11月13日水曜日、宮脇咲良さんがMCを務めるラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」が放送されるようです。10月後半に収録されたものなので、アンPD逮捕前の言葉ではありますが、同時にIZ*ONEの一周年を祝う宮脇さんの声が聴ける機会でもあります。

web.bayfm.jp

11月13日の放送のお知らせ
今週の「今夜、咲良の木の下で」は10月後半に収録されたものです。
IZ*ONE一周年のことなど、さくのきリスナーからのメールにこたえてくれてます。

 以下のページからであれば、全国から(全世界から?)聴けるみたいです。

vod.bayfm.jp

いや、もう、なんつうか、正直これからIZ*ONEがどうなるか、何もわかんない、わかんないですけど、でも、人生って本来はそういうもんだよな、何も確かなものなんてないよな、と痛感しております。日々感じてることではありますが、今回の件で本当に骨身に染みました。

でも、アイドルを、というか、人を応援するというか、好きになるのって、こういうことですよね。

そういう意味では、本当に、IZ*ONEは、惚れ甲斐のあるアイドルなんだなぁと、心から思っております。

解散したって、何の文句も言いません!でも、願わくば、願わくば!一分一秒でも長く、12人が一つでいてください!

*1:공지

2019年11月11日午前3時

夜中に目が覚めてしまった。

 

アンPDが作った(他にもいろいろいるんだろうけど、とりあえず彼が象徴というか)PRODUCE101シリーズのフォーマットは、非常に面白いコンテンツを生み出す。

1:数多くの人間をグループや個人で競争させ、その過程で個々人の能力とキャラクターを伝えていく。

2:その能力とキャラクターに対して、視聴者は強い思い入れを持つ。

3:思い入れの発露として、視聴者による日々の投票が行われる。

4:その視聴者投票結果によってのみ、競争の成果である順位が決定される。

5:その投票数は、累積されるものではなく、制作側が通知したタイミングでゼロに戻される。

6:その視聴者投票の方法は、常に一定でなく、ゼロに戻されたタイミングで、制作側が設定した新しいルールで行われる。

いわゆるオーディション番組は、プロデューサーや識者による判断で当落していくシステムが主流だった。

視聴者投票自体が珍しいわけではなく、日本でも、ランキング式歌番組や、投票式人気ランキング、さらには「○○枚売れなければ解散」企画(投票ではないが実質的な意味において)、などで使われてきた手法ではある。

その過程をドキュメンタリー形式でドラマチックに描く、なんていうのは、それほど目新しい手法ではない。

さらにはネットで、有料投げ銭システムを使った投票企画なんかは、もうごまんとあって、もはや1位を取っても埋もれてしまう感すらある。

だけれど、PRODUCE101シリーズは、投票自体は無料であることで裾野を広げ、数々のゲーム性を取り入れたことで意欲を高め、個々人のキャラクターを描くことで、思い入れを強めさせていった。

さらには、そのバックにあるのが大手の音楽系ケーブル局であり、大々的に広報することや、多大な制作費をかけ、制作物のクオリティを高めることを可能にしている。

さらに言うと、韓国独特の「練習生」という制度を利用して、各事務所の既に持っているパブリックイメージや社会的地位、個々人の苦労をある程度数値化できる練習生期間という数字、そしてヴォーカルやダンスのある程度のクオリティ担保を実現している。

まぁ、本当に、よく出来ている。まとめてみると再確認する。

 

ただ、これはやっぱり、大きなリスクがあって、完全に視聴者の投票による、というのが、諸刃の剣だったわけだ。

視聴者が「自分たちの投票で決まる」と強い思い入れを持ち(制作側に思わされ)、熱烈に投票するからこそ、最終結果であるグループの人気は高まる。

人気が高まると、関連商品が売れる。売れればそこには利益が発生する。

この利益配分をどうするか?練習生は、各事務所がコストをかけて育ててきた財産でもある。

その利益なくしては、各事務所は運営できない、新しい練習生を育てることも、既存グループに新しい楽曲での活動をさせることも出来ないからだ。

 

さらに言えば、どんなに視聴者による投票数が多くても、放送できない部分での適性や事情などの要因で、最終グループに入れるというわけにいかない場合も容易に想像がつく。

そして、最終グループとして活動させるにあたって、単純な人気投票だけでは測れない将来性や全体のバランス、という要因も出てくる。

完全に視聴者による投票だ、というのは建前で、そのあたりは、大人の話し合いで決まっていく。

まぁ、そこらへんは、ある程度の芸能リテラシーのある人にとっては、言わぬが花のお約束、だった、と自分は思う。

 

だけれど、「視聴者に熱烈な思い入れを持たせて人気を上げる」という手法が、同時に「熱烈な思い入れを持った練習生が敗北する姿を見せつけられる」視聴者と、「プログラムの面白さと最終グループの運営のために敗北させられる練習生」を生み出した。

結局、今回の問題は、その恨みという感情が蓄積し、ついに爆発したということなのだと、自分は理解している。

その感情によって、公的機関までが動くというのは、これは本当に凄いな…という印象だけれど、そういうことって、国や時代を問わず、起きうることではないか、とも思う。

アンPDという、一介のテレビマンがあまりにも大きな権限を持ってしまい、結局は細心の注意が払えなかった、という側面もあるとは思うんですが、それは結果論、という気もするし。

 

PRODUCEX101は見ていなかったので、正直に言えば、最初は対岸の火事だった。

IZ*ONEに関しては、日本側の事務所との契約もあるから、何かあっても、それほど大きなことにはならないのではないか?と楽観視していたところもある。

なんだかちょっとヤバいかもしれない、と思ったけれど、新譜が出ることが発表され、すこしずつその内容が予告されていくことで、少しずつ、少しずつ安心していった。

安心だ、と自分に思い込ませていたのかもしれない。今となっては、まぁ、どっちでもいいことだ。

 

ここで、手が止まってしまった。

最大の被害者は、やはり、彼女たちだと、言いたかったけれど、彼女たちがグループとして組まれるために、利用された他の人々も、やはり、被害者だ。

では、加害者はアンPDか?と言えば、そんな単純な話ではないと思う。表面的には、そういうことになるかもしれないけれど。

彼が中心になって作ったプログラムは面白かったし、彼らが各事務所と交渉の末に作り上げたグループは、素晴らしい作品を残している。

究極的に言ったら、我々消費者が、みな加害者なのかもしれない。

地球のために人類滅べ!みたいなことを言いだしてますけどね…。

 

また手が止まってしまった。

出来れば、もう少しでいいから眠りたい。

 

アルバム聴きたいよ

またライブ見たい

配信とか、動画とか、TVに出てるのとか、見たい

またみんながわいわいやってるの見て、この子たち、ホント仲がいいな

あと少しでこの時間が終わっちゃうのか、もったいないな、とか言ってたい

あとたったの1年半なんだけどな

 

なんかすごい雨が降ってるけど

やまない雨はないなんて言いたくもないんだけど

とか書いてたらやんできたけど

 

先のことはわからない

それは良くも悪くもわからない

今日がどんな日になっても

いつかみんな過去になるわけで

 

いや、ともかく、でも、2018年5月から、2019年11月まで、本当に楽しい時間だった。

これが、続いたら嬉しいし、続かなくても、この1年半が消えることはない。

心から、本当にありがとう。

 

アンオフィシャル動画とか貼らないことにしてたけど、まぁもういいや。

これしか言うことはないよ。これからもどうぞよろしくね!


[4K] 190608 EYES ON ME in Seoul 아이즈원 앞으로 잘 부탁해(We Together) 직캠 fancam

pezz2.hatenablog.com

 


本田仁美

まにゃk なえ まうむr まrろまん ちょなんだみょん

만약 나의 마음을 말로만 전한다면

もし私の気持ちを言葉にしちゃったら

 

チャン・ウォニョン

ぱらめ ふとじr ご がたそ

바람에 흩어질것 같아서

風に流されて行きそうで

 

宮崎美穂

あんにょんいらん まr あぺ
안녕이란 말 앞에

「ばいばい」って言葉の前で

 

ね まうむん ちょmちょろm しpち あなそ くれそ

내 맘은 좀처럼 쉽지 않아서 그래서

私の気持ちはちっとも楽じゃなくて だから

 

チョ・ユリ

くち あんぼいぬん ちょ のrぶん せさん むなぺ

끝이 안보이는 저 넓은 세상 문앞에

果てしなく広いあの世界の扉の前へ

 

アン・ユジン

そじゅんはん なろ てりょだ じゅん

소중한 나로 데려다 준

優しく私を導いてくれた


Your My Angel

 

竹内美宥

のえ どぅそね なえ よんぎろ
너의 두손에 나의 용기로

あなたの両手を私の勇気で

 

もどぅた ちぇうご しぽ

모두다 채우고 싶어

溢れさせたいの

 

ALL

ぱんぼkとぇぬん めいり なえげ
반복되는 매일이 나에게

繰り返される毎日が私にとって

 

そじゅんはん おぬり とぇrすいっけ
소중한 오늘이 될수있게

大切な1日になれるように

 

おっとん ねいr おrじ もrらど
어떤 내일 올지 몰라도

どんな明日が来るかなんて分からないけど

 

な たうん なるr と ぽよじゅrす いっけ
나 다운 나를 더 보여줄수 있게

私らしい私をもっと見せられるように

 

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

アン・ユジン

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

キム・ミンジュ

もれど ちゃr ぷたけ
모레도 잘 부탁해

あさってもよろしくね

 

イ・チェヨン

な たうん なるr と ぽよじゅrす いっけ
나 다운 나를 더 보여줄수 있게

私らしい私をもっと見せられるように

 

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

チャン・ウォニョン

まうmそげ くじょぎん
마음속에 끄적인

心の中に描いた

 

ぼじゃrごっ とmぬん なっそぬん
보잘것 없는 낙서는

くだらない落書きは

 

パク・ヘユン

にが ぱじゅみょん くみ どぇ

네가 봐주면 꿈이 돼

あなたが見てくれるなら夢になる

 

宮崎美穂

はんごるm とぃたら ごろ
한걸음 뒤따라 걸어

一歩後ろをついて行くよ

 

とぃもすび ほんじゃ うぃろpち あんけ へじょそ

뒷모습이 혼자 외롭지 않게 해줘서

背中がひとりで寂しくないようにしてあげる

 

パク・ヘユン

のもじご こった すみ ちゃ おrらど

넘어지고 걷다 숨이 차 올라도

転んでもまた歩いて 息が上がっても

 

い もどぅんげ のえ へんぼぎ どぇんだみょん
이 모든게 너의 행복이 된다면

このすべてがあなたの幸せになるなら

 

本田仁美

のえ どぅそね なえ よんぎろ
너의 두손에 나의 용기로

あなたの両手を私の勇気で

 

もどぅた ちぇうご しぽ

모두다 채우고 싶어

溢れさせたいの

 

ALL

ぱんぼkとぇぬん めいり なえげ
반복되는 매일이 나에게

繰り返される毎日が私にとって

 

そじゅんはん おぬり とぇrすいっけ
소중한 오늘이 될수있게

大切な1日になれるように

 

おっとん ねいr おrじ もrらど
어떤 내일 올지 몰라도

どんな明日が来るかなんて分からないけど

 

な たうん なるr と ぽよじゅrす いっけ
나 다운 나를 더 보여줄수 있게

私らしい私をもっと見せられるように

 

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

矢吹奈子

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

イ・チェヨン

もれど ちゃr ぶたけ

모레도 잘 부탁해

あさってもよろしくね

 

な たうん なるr と ぽよじゅrす いっけ
나 다운 나를 더 보여줄수 있게

私らしい私をもっと見せられるように

 

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

宮崎美穂

すrぷrてらみょん まじゅぼごそ そろるr
슬플때라면 마주보고서 서로를

悲しくなったら向き合おって お互いを

 

Oh Yeah

 

本田仁美

うぃろへじゅご あなじゅごそ
위로해주고 안아주고서

慰めて抱きしめてあげて

 

そじゅんはん

소중한

大切な

 

竹内美宥

まうむr じきょじょ おんじぇな

마음을 지켜줘 언제나

心を守ってあげて いつでも

 

ALL

めいr こじょ が うり せさんい

매일 커져 가 우리 세상이

毎日大きくなる 私たちの世界に

 

のむ のrら こじょ ぬんどんじゃど
너무 놀라 커져 눈동자도

すごく驚いちゃって 見開いた目も

 

おっとん ねいr おrじ もrらど
어떤 내일 올지 몰라도

どんな明日が来るかなんて分からないけど

 

な たうん なるr と ぽよじゅrす いっけ
나 다운 나를 더 보여줄수 있게

私らしい私をもっと見せられるように

 

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

チョ・ユリ

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

本田仁美

もれど ちゃr ぶたけ
모레도 잘 부탁해

あさってもよろしくね

 

イ・チェヨン

な たうん なるr と ぽよじゅrす いっけ
나 다운 나를 더 보여줄수 있게

私らしい私をもっと見せられるように

 

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

ALL

あぷろ ちゃr ぷたけ
앞으로 잘 부탁해

これからよろしくね

 

忍者TOOLS
点取り占いブログパーツ